eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. (旧)イー・モバイル報道発表資料
イー・モバイル株式会社は、2011年3月31日にイー・アクセス株式会社と合併いたしました。
合併以降の最新プレスリリースについては「報道発表資料一覧」をご覧ください。

報道発表資料

印刷用ページを表示する

  • Yahooブックマークに追加する

2008年5月8日
各位

東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・モバイル株式会社
代表取締役会長兼CEO 千本 倖生

留守番電話機能を大幅拡充
〜 複数の友人に直接メッセージが残せる「ダイレクトメッセージ」機能など 〜

イー・モバイル株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役会長兼CEO 千本倖生、以下イー・モバイル)は、5月9日より、留守番電話機能の拡充として、以下のとおり4つの新機能を提供いたします。

また、新機能追加に伴い、留守番電話サービスを一時ご利用いただけない時間帯がございますので併せてお知らせいたします。

■留守番電話機能拡充について

【提供開始日時】
2008年5月9日(金)午前3時30分
【利用料金】
無料  ※留守番電話センターへの接続には別途通話料が発生します。

1. ダイレクトメッセージ

(1) 概要

・発信者の意思で、相手先を呼び出さずに直接留守番電話センターに音声メッセージを残すことがで
きる機能です。
・イー・モバイルをご利用のお客様同士であれば、最大で10件の宛先に対し同時に音声メッセージを
残すことができます。
・お預かりするダイレクトメッセージの保存期間は最大7日間、録音時間は最大3分/件で、保存件数
は最大20件です(保存件数の中には通常の留守番電話の伝言メッセージも含まれます)。
・ダイレクトメッセージをお預かりした場合、留守番電話の伝言通知と同様にお客様の携帯電話に
お知らせします。
(2) ダイレクトメッセージの録音
・ダイレクトメッセージの録音には、以下3つの方法があります。
発信者
着信者
発信端末
接続用番号
1)
EM※1のお客様
EMのお客様
EM携帯電話
1418※2
又は
1418+相手先
EM携帯電話番号
2)
EMのお客様

(遠隔操作※3)
EMのお客様
固定電話や他社携帯電話、PHSなど 
080-7001-1418
3)
EMのお客様以外
EMのお客様
固定電話や他社携帯電話、PHSなど 
080-7001-1419

※1:EM=イー・モバイル
※2:国内ローミングエリアでのご利用には、EM携帯電話から録音する場合でも「1418」、「1418+相手先EM携帯電話番号」ではなく「080-7001-1418」の接続用番号となります。またその場合、国内ローミング通話料が適用となります。
※3:遠隔操作=固定電話や他社携帯電話、PHS等から、お客様のEM携帯電話番号とネットワーク暗証番号を入力することで遠隔接続することができます。


(3) ダイレクトメッセージの再生

・ダイレクトメッセージの再生は、留守番電話の伝言メッセージを再生する操作と同じです。
発信端末
接続用番号
ご契約のEM携帯電話
1416
国内の他社携帯電話、PHS、固定電話など
080-7001-1416


2. 返信機能
(1) 概要
・イー・モバイルをご利用のお客様どうしであれば、留守番電話でお預かりする伝言メッセージや
 ダイレクトメッセージに対し、返信要求を付けたり、ダイレクトメッセージで返信したりする
ことができる機能です。

(2) 詳細
パターン
詳細
返信要求

伝言メッセージ、ダイレクトメッセージを残す場合

・メッセージ録音後に返信要求を設定するかどうか選択できます
・返信要求を設定した場合、相手のお客様がそのメッセージを再生すると、返信を要求されていることを通知するガイダンスが流れます

返信

伝言メッセージ、ダイレクトメッセージを受け取った場合

・メッセージ再生後に相手にダイレクトメッセージで返信するかどうかを選択できます

※返信要求がなくても返信することができます



3. 名前応答メッセージ

(1) 概要

・留守番電話の応答メッセージに、自分の声で録音した名前を登録することができる機能です。
・留守番電話応答メッセージは、従来の3種類(システム応答、オリジナル応答、不在案内)
に名前応答メッセージを加えた4種類となります。
※応答メッセージは「1417」から変更することができます。

(2) 留守番電話サービス応答メッセージ区分 
メッセージの種類
応答メッセージ
録音
伝言預かり
メッセージ内容
システム応答メッセージ
不要

「こちらは留守番電話センターです。発信音の後にメッセージを録音してください。終わりましたらシャープを押すか、そのまま電話をお切りください。」

オリジナル応答メッセージ
必要

自分の声で録音した応答メッセージ(最長3分)

不在メッセージ
必要

自分の声で録音した不在メッセージ(最長3分)

NEW 名前応答メッセージ
必要

「こちらは『自分の声で録音した名前(最長10秒)』さんの留守番電話です。発信音の後にメッセージを録音してください。終わりましたらシャープを押すか、そのまま電話をお切りください。」



4. メッセージコントロール

(1) 概要

・伝言メッセージ再生時に、次のメッセージへ「進む」、再生を「一時停止する」、
メッセージ冒頭に「戻る」ことができる機能です。
・操作に利用するダイヤルキーは「#」「0」「*」の3つです。

ダイヤルキー
動作
進む
一時停止
戻る

再生中のメッセージから次のメッセージの冒頭に移動します。

再生中のメッセージを一時停止(最大60秒間)します。一時停止中にいずれかのダイヤルキーを押すとメッセージの再生を再開します。

再生中のメッセージの冒頭に移動します。



■留守番電話機能拡充工事に伴う留守番電話サービスの一時中断について

【日時】
2008年5月9日(金)午前3時〜午前3時30分
【お客様への影響】
工事期間中、留守番電話をご利用いただくことができません。留守番電話センターに接続された場合は工事中のガイダンスが流れます。
※伝言メッセージ録音中や再生中などの場合は切断されます。



以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、
あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ