eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. (旧)イー・モバイル報道発表資料
イー・モバイル株式会社は、2011年3月31日にイー・アクセス株式会社と合併いたしました。
合併以降の最新プレスリリースについては「報道発表資料一覧」をご覧ください。

報道発表資料

印刷用ページを表示する

  • Yahooブックマークに追加する

2008年11月26日
各位

東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・モバイル株式会社
代表取締役会長兼CEO 千本 倖生

「ユニバーサルサービス料」のご負担について

イー・モバイル株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役会長兼CEO 千本倖生、以下イー・モバイル)は、当社が「ユニバーサルサービス制度」における負担金拠出事業者となることに伴い、『EMモバイルブロードバンド』および『電話サービス』をご契約いただいているお客さまに、2009年2月より毎月1電話番号あたり一定額の「ユニバーサルサービス料」のご負担をお願いすることといたしましたので、お知らせします。

「ユニバーサルサービス制度」とは、東日本電信電話株式会社および西日本電信電話株式会社が提供しているユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービス)を、全国で公平かつ安定してご利用いただける環境を維持するため、必要とされる費用を、電話会社が協力し公平に負担する、電気通信事業法に設けられている制度です。
 
当社は、今後、社団法人電気通信事業者協会(ユニバーサルサービス支援機関)に1電話番号あたりの番号単価により算出された負担金を支払うことになりますが、この負担に必要な費用に充てるためお客さまに「ユニバーサルサービス料」として1電話番号あたりの番号単価相当額をご負担いただくこととします。
「ユニバーサルサービス料」は2009年2月利用分より適用させていただく予定であり、その場合3月ご請求分から、毎月末日時点で『EMモバイルブロードバンド』および『電話サービス』をご契約いただいているお客さまにご請求させていただきます。

番号単価は、2009年1月から12月(予定)まで月額8円の番号単価を適用して負担金を徴収すること等について、社団法人電気通信事業者協会から総務大臣に認可申請され、認可されています。
なお、番号単価は社団法人電気通信事業者協会によって、半年に1度見直しが行われる為、その内容に応じてお客さまにお支払いいただく「ユニバーサルサービス料」が変更される場合があります。

お客さまにおかれましては、ユニバーサルサービス制度についてご理解いただき、ご協力を賜りたくお願い申し上げます。

■イー・モバイルにおける対象サービスおよびユニバーサルサービス料額(予定)

対象サービス
ユニバーサルサービス料(税込)
電話サービス
8.4円
EMモバイルブロードバンド(データ通信)
8.4円
※プリペイドデータ通信サービス「EMチャージ」をご利用中のお客さまにつきましては、現在ご請求方法を検討しておりますので、確定次第別途ご案内させていただきます。

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、
あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ