eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. (旧)イー・モバイル報道発表資料
イー・モバイル株式会社は、2011年3月31日にイー・アクセス株式会社と合併いたしました。
合併以降の最新プレスリリースについては「報道発表資料一覧」をご覧ください。

報道発表資料

印刷用ページを表示する

  • Yahooブックマークに追加する

2008年12月5日
各位

東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・モバイル株式会社
代表取締役会長兼CEO 千本 倖生

『EMOBILE通信サービス』
有料サービス開始後1年6ヶ月で100万契約を突破

イー・モバイル株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表者:代表取締役会長兼CEO 千本倖生、以下イー・モバイル)は、『EMOBILE通信サービス』の契約数が、2008年11月末で100万契約を突破し101万1,500契約となったことをお知らせします。

契約数は開業以来順調に推移しており、有料サービス開始(2007年6月1日)後わずか1年6ヶ月での100万契約突破は、モバイルブロードバンドが我が国においても本格的に普及を開始し、社会基盤として着実に国民生活に浸透してきたこととによるものと考えられます。

イー・モバイルは、高速モバイルデータサービスを、携帯電話サービスとして初めて、パソコンからの利用を含めたデータ定額制として導入、2007年3月31日より東名阪主要地域にてサービスを開始しました。その後、2008年3月28日には、携帯電話サービスとして初めて、オプションの選択によって24時間音声定額を実現する『電話サービス』の提供も開始。通信速度も受信最大通信速度3.6Mbpsから7.2Mbpsへ、送信最大通信速度384kbpsから1.4Mbpsへと、業界をリードしつつ着実に高速化を果たしてきました。

またサービスエリアも、現在では47都道府県の主要地域でお使いいただけるまで整備を進め、全国規模のネットワークとしています。

対応端末も、現在までにデータ通信端末15機種、携帯電話機8機種(うちスマートフォン4機種)と、全てがPCからのデータ通信も可能なバラエティ豊かな製品ライナップを市場に投入し、料金プランでも、データ通信では、安価な月額使用料とお得な初期費用を両立させた「スーパーライトデータプラン」に、「にねんMAX」「にねん2480」などの幅広いお客様の使い勝手に対応するプランを追加するなど、モバイルPCとデータカードの一層の普及に貢献しました。

イー・モバイルではこれからも、魅力ある製品ライナップをさらに充実させるとともに、全国のネットワーク建設を鋭意進め、多くの方々にご利用いただける便利なサービスを提供してまいります。

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、
あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ