eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. (旧)イー・モバイル報道発表資料
イー・モバイル株式会社は、2011年3月31日にイー・アクセス株式会社と合併いたしました。
合併以降の最新プレスリリースについては「報道発表資料一覧」をご覧ください。

報道発表資料

印刷用ページを表示する

  • Yahooブックマークに追加する

2009年4月9日
各位

東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・モバイル株式会社
代表取締役会長兼CEO 千本 倖生

首都圏の地下鉄エリア、34駅を追加、本格拡大開始
〜2009年度中に東名阪の地下鉄駅をすべてエリア化予定〜

イー・モバイル株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役会長兼CEO 千本倖生、以下 イー・モバイル)は、2009年3月にHSPA通信サービス『EMモバイルブロードバンド』および『電話サービス』の提供施設として、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)にはじめて6路線28駅および、都営地下鉄1路線6駅が利用可能となりましたので、お知らせいたします。

また、イー・モバイルでは、全国の地下鉄・地下街の基地局建設に特に注力し、2010年3月をめどに東名阪の地下鉄駅をすべてエリア化する計画です。

なお、2007年3月のサービス開始以来、全国規模のサービスエリアを目指し基地局建設を進めてまいりましたが、2009年3月末時点で自社網による全国人口カバー率90%以上、自社サービスエリア※1に限定した人口カバー率96%以上を達成しましたので、あわせてお知らせいたします。 (ローミングエリア※2を含めた全国人口カバー率は96%以上となります。)

今回サービスを開始した路線・駅は以下をご覧下さい。

※1 自社サービスエリア
北海道(札幌市内・近郊)、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、広島、福岡 (23都道府県)

※2 上記、自社サービスエリア以外の全国25道県(北海道の札幌市内・近郊以外を含む)において株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモのサービスにより国内ローミングを提供中

※3 人口カバー率
国土地理協会が設定している「町字コード」毎に、人口にエリア面積カバー率を掛け合わせて「カバー人口」を算出し、全国ベースで集計した後、全国人口で除して計算しています。
(人口は、住民基本台帳を参照)

2009年3月末時点で通信・通話が可能になった地下鉄駅
【東京メトロ】 6路線28駅
■丸ノ内線
後楽園駅、本郷三丁目駅、御茶ノ水駅、淡路町駅

■千代田線
北千住駅、町屋駅、西日暮里駅、千駄木駅、根津駅、湯島駅

■有楽町線
地下鉄成増駅、地下鉄赤塚駅、平和台駅、氷川台駅、小竹向原駅、千川駅、新富町駅、月島駅、
豊洲駅、辰巳駅

■半蔵門線
水天宮前駅、清澄白河駅、住吉駅、錦糸町駅、押上駅

■南北線
後楽園駅、東大前駅

■副都心線
千川駅

【都営地下鉄】 1路線6駅
■三田線
西巣鴨駅、新板橋駅、板橋区役所前駅、板橋本町駅、本蓮沼駅、志村坂上駅

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、
あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ