eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. (旧)イー・モバイル報道発表資料
イー・モバイル株式会社は、2011年3月31日にイー・アクセス株式会社と合併いたしました。
合併以降の最新プレスリリースについては「報道発表資料一覧」をご覧ください。

報道発表資料

印刷用ページを表示する

  • Yahooブックマークに追加する

2009年5月7日
各位

東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・モバイル株式会社
代表取締役会長兼CEO 千本 倖生

LTEの普及推進団体、LTE-SAE Trial Initiativeへの加盟について
〜 日本の通信事業者として2番目に加入が承認 〜

イー・モバイル株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表者:代表取締役会長兼CEO千本 倖生、以下、イー・モバイル)は、この度、次世代の3.9世代移動通信システム、LTE(Long Term Evolution)を国際的に普及推進するLTE-SAE Trial Initiative(以下LSTI)に加盟しましたのでお知らせいたします。

LSTIは、2007年5月に設立され、LTEの機能・性能評価、機器の相互接続検証やフィールド試験等、LTEのスムーズな商用化のための技術開発を主な活動としています。現在LSTIには、国内外で30社以上の通信事業者およびベンダーが加盟しています。

イー・モバイルではこれまで、モバイルブロードバンドの高速化を図る次世代移動通信技術として、LTEの導入検討を重ねてまいりました。2008年に行われた総務省情報通信審議会のIMT-2000高度化の技術的条件の策定では、当社はLTE方式(FDD)の技術的条件策定にも積極的に貢献しました。また、2008年12月からは、他事業者に先駆けて、東京23区内でLTEの屋外実証実験を実施。データ通信のニーズが高い都心部で測定データを収集しています。今回、このようなLTEへの積極的な取り組みがLSTIから評価され、NTTドコモに続き、日本の通信事業者として2番目に加入が承認されたと考えています。

イー・モバイルは、LSTIの活動を通じて、LTEの国際的な商用化の実現に参画するとともに、日本のモバイルブロードバンドサービスの成長に向けて、さらなる貢献を行っていく所存です。

■LTE(Long Term Evolution)
3世代移動通信システム「W-CDMA」の高速データ通信規格「HSPA」をさらに進化させた3.9世代移動通信システムの通信規格。下り100Mbps以上/上り50Mbps以上の高速通信の実現を目指して、W-CDMA方式の標準仕様を策定する3GPPが標準化を進めており、多くの通信事業者が採用を表明している。

※LSTIの詳細については下記ホームページをご参照下さい
http://www.lstiforum.org/

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、
あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ